コンビニの多店舗経営で利益率UP

スポンサードリンク

コンビニの多店舗経営で利益率UP

スポンサードリンク

コンビニの他店舗経営で利益率をアップさせましょう。

 

ある程度軌道に乗ってきたら複数の店舗を経営することも考えていくことになるでしょう。

 

複数の経営をすることはほかのチェーンと競争に勝って収益の率がアップできるよう荷栄経営者としてのかなり醍醐味が味わえるのではないでしょうか。

 

大手のチェーン店などでは複数の店舗を経営するオーナーのために奨励制度などもあります。
ロイヤリティ率を下げてもらえたり、売り上げ総利益から数パーセントではありますがバックがあったり、研修の費用などが免除になるといったところもあるのです。

 

複数の店舗のオーナーになることは事業家への第一歩です。

 

事業を拡大していくのであれば、複数店舗のオーナーに対しての奨励制度がしっかりと整っているところを選んだほうがいいかもしれませんね。

 

他店舗経営の奨励金制度があるコンビニとしてはミニストップ、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKなどがあります。
条件があり何年か1店舗を経営している人といった条件などもありますし、本部が定めている一定の条件に当てはまらなければいけないケースなどもありますので、相談になります。

 

多店舗経営をするからこそ売り上げもアップするので、オーナーさんは将来的に頭に入れておきたいですね。

スポンサードリンク

コンビニの多店舗経営で利益率UP関連ページ

儲かるコンビニの条件
儲かるコンビニの条件はどのような条件なのでしょうか。 コンビニはそのもの自体がブランドの力があるので、看板があればお客さんは安心して利用すると思いますので、普通の店舗を始めるのと違って集客に手間をかける必要はありませんし利益も最初から上げやすいのが特徴です。
売上を伸ばす為の心構え
コンビニで売り上げを伸ばすための心構えはどのようなことなのでしょうか。 それはやはり目玉商品、強いとされる商品、オリジナル商品でリピーターさんの心をガッツりつかむことにあるのではないでしょうか。
人材育成のポイント
コンビニの人材育成のポイントについては、どのようなことがあるのでしょうか。 オーナーがコンビニの利益をアップさせるためにはいろいろと考えると思いますが、人材育成もとても重要です。

 
姉妹サイト|移動販売業