コンビニの利益率について

スポンサードリンク

コンビニの利益率について

スポンサードリンク

コンビニ利益率は、8~10%と言われています。
この数字が高いと見るのに、より例がスーパーの2%というもの。
それだけコンビニの利益率が高いということが言えます。

 

コンビニは狭い店内は、必要最小限度のものしか仕入れをしていません。
大量ではないのですが、在庫を作らないのが、利益率を高めるヒントとなっています。

 

要するに、商品の回転を早くすることで、その商品そのものがすぐにお金に変わると考えてよいでしょう。
資本である品物の回転を早めることで、利益率をアップしていると言っても良いでしょう。

 

在庫を残さないということで、賞味期間が迫った弁当を割引にすることで、それ目的の客がいたり、新商品をお目当てにしている客など、それぞれニーズに合う客層がいることも、利益率に貢献しています。

 

在庫を産まないことは、利益の圧迫を避けること、マイナスを極力減らすことできていると言えます。

 

ですから、商品の回転も早く、品切れも早いですが、仕入れも早くできるという良い回転での利益を上げることに成功しています。

 

安い品物をたくさん用意する必要がないというのもコンビニのメリット。
客はコンビニに入って買うものをわざわざ探すと言うよりは、目新しい物の物色と、最初からお目当てのものを目指して来るのですから、それだけを用意していればよいのです。

 

コンビニの利益率、なかなかよい数字だと思います。

 

 

スポンサードリンク

コンビニの利益率について関連ページ

コンビニの開業資金
コンビニの開業資金(加盟金)はどれくらい必要なのでしょうか。 開業するとなれば一番気になるのが最初にかかる費用ではないでしょうか。
コンビニロイヤリティの仕組み
大手コンビニのロイヤリティは、30~40%台ですが、そんなに持っていかれる?という感想も多いかと思います。 ロイヤリティの種類と経営体系によっても変わることですが、経理処理などの事務処理もすべて本部で行い、経営資料も作成不要。 ただ、売上を上げることに専念できるのであれば、妥当な数字でしょう。

 
姉妹サイト|移動販売業