コンビニロイヤリティの仕組み

スポンサードリンク

ロイヤリティの仕組み

スポンサードリンク

コンビニを開業しようという時には、必ずロイヤリティが発生します。
これは当然のことでしょう。

 

大手コンビニのロイヤリティは、30~40%台ですが、そんなに持っていかれる?という感想も多いかと思います。

 

ロイヤリティの種類と経営体系によっても変わることですが、経理処理などの事務処理もすべて本部で行い、経営資料も作成不要。
ただ、売上を上げることに専念できるのであれば、妥当な数字でしょう。

 

売上金のうち、これだけを支払うことでも有名なコンビニの看板を掲げることができるのですから、そうも悪くない数字と言えます。

 

もちろん最初から、このロイヤリティを頭に入れて経営ということになりますが、立地条件によって、金額はそれぞれです。

 

コンビニのロイヤリティは高いと、天引きにしては憂鬱と言われるものですが、事務をしなくても良いことでの、経費を考えれば、妥当といえる声もあります。

 

あとは、なんとか売上を伸ばすことですが、宣伝にしても細かなチラシを各家のポストにいれたりという努力もありでしょう。

 

ロイヤリティのパーセンテージは、各コンビニ最初から決まっていますから、売り上げた分だけのパーセンテージで良いという考え方も納得です。

 

コンビニの計算方法はとても複雑なものですが、少なくとも人がたくさん入るところでは、そこそこ儲かっているとみてよいでしょう。

 

個人商店ではないのですから、バックボーンがあるだけでも経営は安心。
30~40%のロイヤリティを納めることで、某有名な名前の店主になれるのです。

 

上納金ではないですが、便利なシステムでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク

コンビニロイヤリティの仕組み関連ページ

コンビニの開業資金
コンビニの開業資金(加盟金)はどれくらい必要なのでしょうか。 開業するとなれば一番気になるのが最初にかかる費用ではないでしょうか。
コンビニの利益率について
コンビニ利益率は、8~10%と言われています。 この数字が高いと見るのに、より例がスーパーの2%というもの。 それだけコンビニの利益率が高いということが言えます。 コンビニは狭い店内は、必要最小限度のものしか仕入れをしていません。 大量ではないのですが、在庫を作らないのが、利益率を高めるヒントとなっています。

 
姉妹サイト|移動販売業