コンビニの開業資金(加盟金)

スポンサードリンク

コンビニの開業資金(加盟金)

スポンサードリンク

コンビニの開業資金(加盟金)はどれくらい必要なのでしょうか。
開業するとなれば一番気になるのが最初にかかる費用ではないでしょうか。
大半のチェーン店は開業資金ということで加盟金や開業準備金、商品代金、研修費用などをトータルしてだいたい300万円ほど用意しておく必要があるでしょう。
資金に余裕がないと心配になりますが、コンビニフランチャイズによっては少ない資金であっても独立をさせてもらえる制度などもありますし、加盟金は255万円ととても安い値段ではじめられるところもあります。

 

タイプによってこれはまったく違ってくるのですが、土地、建物を本部に用意してもらう、そして初期投資はなしでもスタートできる融資の制度を用意しているところもありますし、中には最大で7万円の住居援助をしてくれるところなどもあります。

 

ですが土地、建物を用意してもらうとなるとその分ロイヤリティが高くなることもありますので、注意が必要です。
脱サラをして独立開業をすれば、資金に余裕がない人などもいると思いますが、大手で支援してくれるところの中にはできるだけ初期投資は抑えたいと思っている人にぴったりです。
低資金でも独立開業できるプランのところを選ぶようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

コンビニの開業資金(加盟金)関連ページ

コンビニロイヤリティの仕組み
大手コンビニのロイヤリティは、30~40%台ですが、そんなに持っていかれる?という感想も多いかと思います。 ロイヤリティの種類と経営体系によっても変わることですが、経理処理などの事務処理もすべて本部で行い、経営資料も作成不要。 ただ、売上を上げることに専念できるのであれば、妥当な数字でしょう。
コンビニの利益率について
コンビニ利益率は、8~10%と言われています。 この数字が高いと見るのに、より例がスーパーの2%というもの。 それだけコンビニの利益率が高いということが言えます。 コンビニは狭い店内は、必要最小限度のものしか仕入れをしていません。 大量ではないのですが、在庫を作らないのが、利益率を高めるヒントとなっています。

 
姉妹サイト|移動販売業