コンビニのフランチャイズ契約のタイプ

スポンサードリンク

コンビニのフランチャイズ契約のタイプ

スポンサードリンク

コンビニフランチャイズの契約タイプはそれぞれのコンビニによっても違いがあります。たとえばとある大手のコンビニのフランチャイズの契約の場合には2つのタイプが用意されています。

 

土地建物はオーナーが自分で用意するというタイプ、そしてお店も土地も建物も、そのコンビニの本部が用意するといったタイプです。

 

こうしたタイプが選べるところでは自分に合う契約のタイプを選ぶことができるのでとてもいいですね。
オーナーが自分で用意するタイプは土地、建物がある場合に、自分の店としてやって期待と思っている人にぴったりの契約ですね。

 

そして土地も建物もない人でもいつでも手軽に始められるのがすべてを用意してもらうというタイプです。

 

もちろんコンビニによっても契約タイプというのは違いがあります。
契約タイプによって値段が違っています。
土地や建物がある人とない人では加盟金なども違ってくるのです。

 

そして最低保証やチャージ、そして水道光熱費の負担なども計やうによっても違いますので、それぞれのコンビニでどのような契約内容になっているのか、それをしっかりと把握しておいたほうがいいですね。
契約タイプによってもしかすると損をしてしまうこともあるからです。

スポンサードリンク

コンビニのフランチャイズ契約のタイプ関連ページ

フランチャイズのしくみ
コンビニフランチャイズの仕組みについて少し触れていきたいと思います。 コンビニフランチャイズ、これは看板のブランド力、知名度、運営のノウハウといったものをすべて受け継いで、借りて商売をすることになります。

 
姉妹サイト|移動販売業